HOME>トピックス>様々な事情で不妊治療を受けている人の希望になることがあります

提供を受ける場合

卵子

様々な理由から子どもを授かることが困難な夫婦が増えてきています。卵巣に腫瘍ができて摘出を余儀なくされた場合、子どもを授かることは難しいです。そんな時、卵子提供を受けるという方法もあります。卵子提供を受けることによって受精卵を子宮に移植し、その上で妊娠を希望するということもできます。遺伝子上の親子関係は認めることができませんが、それでも構わないのであれば提供を受けるのもよいでしょう。

専用のバンクの利用

カウンセリング

卵子提供を受ける場合、誰の卵子なのか人物を特定できないようになっています。専門のバンクがあり、そこから提供を受けることになります。卵子を採卵する際にはホルモン剤の投与など女性にも大きな負担がかかってしまいます。ですから提供を受ける側も経済的な負担が大きくなってしまいます。不妊治療を専門に行っているクリニックによっても費用が異なるので、事前に確認をしておくと良いでしょう。卵巣に原因がある場合に限定をすることが多いので、必ずしも提供を受けなければいけないということはありません。専用のバンクでしっかりと管理されているので、安心をして提供を受けることができます。情報漏えいも起こらないように管理されているので安心です。

広告募集中